【Vol.112】 ドラッカーに学ぶ働き方改革 ~長時間労働をどのように是正していくか ⑤~

仕事を明確に定義できれば、それによって達成されるべき成果は何で、
どのような知識労働が必要とされるかも明確にすることができる。

ドラッカーのマネジメントの基本と原則では、そのように言われています。

単純労働や、肉体労働と比較してみると、
例えば、ペットボトル飲料の生産ラインでは、
飲み物が注入されたペットボトルが、ある工程までくると、
キャップを取り付けることが決まっています。

農家の方は、稲の苗を植えると、麦ではなく
稲が実るということが、始めからわかっています。

一方で、知識労働者の場合は、

追求すべき適切な成果は何か?

という問いには、複数の答えがあるのが普通です。

例えば、営業担当の場合、

・売上総金額
・新規契約件数と売上金額
・案件創出件数
・顧客維持率 etc.

どの成果目標も適切です。

しかし、これらは同じではなく、それぞれに異なり、
それぞれに応じた考え方や研修、報酬が必要となります。

そしてこれは、あらゆる知識労働者に当てはまります。

知識労働者の生産性を向上させる次の重要なステップは、
特定の労働者の責務について、

何が達成すべき成果か?

何を成果とするべきか?

それを定義することが大切になります。

作成日時: 2017年2月21日 14:42 | | URL

« | BLOGトップページ | »