【Vol.117】 ドラッカーに学ぶ働き方改革 ~長時間労働をどのように是正していくか ⑩~

知識労働者の生産性を高めるためのもう1つ目の条件は、継続的学習です。

知識労働者は、自分の職務の中に継続的な学習を
組み込まなくてはなりません。

知識労働の上に成り立っている組織は、
学習する組織であり、教育する組織でないといけない。

ドラッカーのマネジメントの基本と原則では、そのように言われています。

今日、あらゆる分野で、知識は急速に変化しています。
新しい知識が、すぐに古くなってしまう時代です。
知識労働者が自分の仕事に継続学習を組み込まない限り、
そのうち時代遅れになり、役に立たない人になってしまいます。

このことは、エンジニアや研究者、会計士といった
高度な専門知識を使う人たちだけではなく、
経理担当者、電化製品や機器の修理担当者、
看護師などの仕事にも当てはまります。

また組織も、学習する組織、教育する組織であるためには、
そこに属するすべての知識労働者が、

・お互いの仕事は何か

・どんな成果を目指しているのか

それを理解し合っていなければなりません。

知識労働者は、自分が独自に学び続けるだけではなく、
自分の専門分野の基本知識が変化したときには、
それを同僚たちに教えるという、教育責任もあることを
理解していなくてはなりません。

そういったこともあり、ピーター.F.ドラッカーは、
年に1度ぐらい、知識労働者が以下の2つのことを
自問自答することを進めています。

自分が報酬を得ている職務を遂行するのに必要な
最新知識を維持するために、自分は何をすべきか?

そしてもう1つは、

私の知識分野のことで、同僚に何を教え、その知識が組織や
同僚の仕事にもたらす影響について何を教えるべきか?

作成日時: 2017年3月28日 16:23 | | URL

« | BLOGトップページ | »