【Vol.130】 ドラッカーに学ぶ働き方改革 ~経営者にとっての働き方改革推進とは? ⑩~

前回、経営者がマネジメントを学ぶ重要性について
お話をさせて頂きました。

マネジメントは、トップから学ばないといけない。
そうしないと、うまくいかない。

ドラッカーのマネジメントの基本と原則では、そのように言われています。

若い社員やスタッフであっても、中には熱心に学んでいる方もいます。
一方で、忙しいがために、マネジメントを学べていない経営者や
経営幹部の方々もいます。

そうすると、何が起こるかと言うと、学んでいる若手のメンバーが
正しいこと言い、もっともな提案を上げてくるかもしれません。

一方で、学んでいない経営チームは、

「やることをやっていない!」

と、上司が部下を悪く言い、仲が悪くなってしまいます。

だから、トップから順番に学ばないといけません。

社長、自ら一人で学んだ場合は、自分がまず教えてみること。
自ら教えることにより学ぶこと。

ピーター.F.ドラッカーは、そのように言っています。

経営者としては、次世代リーダーを育成しないといけない。
そういうニーズが多い背景から、若手の人たちに
学ぶチャンスを与えようと考えがちかもしれませんが、
マネジメントは、トップから学ばないといけません。

自ら学び、トップから順番に教えていくことにより、
学習する組織をつくっていきます。
そのようにして、組織の生産性を高めていくのです。

作成日時: 2017年6月27日 2:13 | | URL

« | BLOGトップページ | »