【Vol.182】 ドラッカーに学ぶ リーダーシップ ~一流のリーダーに共通する働き方~

自分がやりたいことからではなく、
なされるべき事柄からスタートする。

一流のリーダーに共通するワークスタイル、
3番目の基本と原則になります。

経営者の立場であるとき、
トップマネジメントチームの一員になったとき、
事業部の責任者として権限を与えられたとき、
自分がやりたいと、ずっと思っていたこと、
興味本位で、チャレンジでやってみたいことなど、
新たな事業へのチャレンジもあれば、
やりたかった新しい商品・サービスを用意し、
準備ができ次第、世の中に出してみる。

そういう自分がやりたいことを始めていくという
中小企業の経営者やリーダーが多いかもしれません。

製品ではなく顧客からスタートせよ。
マーケティングは顧客からスタートする。
顧客の現実、欲求、価値からスタートすること。

ピーター.F.ドラッカーは、そのように言っています。

世の中のニーズは何か?
今、社会は何を求めているのか?

それを踏まえたうえで、

なされるべきことは何か?
本来、何がなされるべきなのか?

その問いに答え、PDCAを回していくことが
ドラッカー氏の意図していることであり、
一流のリーダーに共通する働き方、
つまり、リーダーシップにおける、
ドラッカーのマネジメントの基本と原則ということです。

自分がやりたいことからではなく、
なされるべき事柄からスタートする。

私たちは、ついつい、やりたいこと、好きなことから
着手しがちであり、私自身も、失敗経験があります・・・
経営が、経営の軸がぶれてしまい、
ゴールへの道を、遠回りしてしまうのです。

冷静に、客観的に、なされるべき事柄を見つめ、
それを成し遂げていくことが真のリーダーなのかもしれません。

作成日時: 2018年6月27日 8:27 | | URL

« | BLOGトップページ | »