【Vol.26】 経営者の仕事とは? ③

繰り返しにはなりますが、マーケティングとイノベーションによって顧客を創造すること
経営者の仕事の1つであるというお話をさせていただきました。

イノベーションも大きな、深いテーマであります。

・機会の見つけ方が7つあり、体系的に機会を分析すること

・古いものを廃棄して、新しいものを取り入れる体系的廃棄が必要なこと

・顧客にとっての価値は何か?(ドラッカー5つの質問の3番目の問い)

この3つに取り組んでいく必要があります。
イノベーションについての詳細は、別の機会で書きたいと思いますが、
今回は少しだけ触れておきたいと思います。

私たち経営者は、事業機会となるような「変化」を見つけないといけません。

では、それをどうやって見つけるのか?

すでに発生していながら、その経済的な衝撃がまだ現れていない変化がイノベーションの機会となる

ドラッカーのマネジメントの基本と原則では、そのように言われています。
体系的に機会を分析していくにあたり、一番大切な取り組みが、

予期せざるものです。

・予期しない成功

・予期しない失敗

・予期しない出来事、顧客からの要望や問い合わせ ⇒ 予期せざる顧客

・外部の予期せぬ変化

ピーター.F.ドラッカーは、次のように述べています。

予期せぬ成功のすべてについて、マネジメントたる者は次のように問わなければならない

① これを機会として利用することは、わが社にとっていかなる意味があるか

② その行き着く先はどこか

③ そのためには何を行わなければならないか

④ それによって仕事の仕方はいかに変わるか

事業機会となるような「変化」を見つけるというのは、次のようなイメージです。

もし今、私たちの時代に魚群探知機がない時代だとして、自分が漁師だったとしたら、
どのように魚を見つけますか?

どこに魚がいるのか?

どうやって網を張るのか?

魚が飛び跳ねているというのは、予期せぬ兆候です。

何かないかなぁ?

では見つかりません。

「そういうのが欲しかった~!」という問い合わせがきていないか?

見つける仕組みを作らないといけません。
そして、それを誰かの日常の仕事にすることが大切です。
そのために、例えばレポートを書くなど、社員が上げていく仕組みが必要になってきます。

例えば、ディズニーランド。

ニーズを記録したり、通常の問い合わせからも記録をし、吸い上げて検討をしたりといったことを
業務の中に取り込んでいると言われています。

そして、おなじみのABCクッキング。

ABCクッキングは、もともとは、調理器具販売の事業をされていたそうです。
女性を集め、料理で自社の調理器具を使って買ってもらい、愛用をしていただこう。
そういう想いで始めたお料理教室ですが、集まった女性からの意見・フィードバックは、

「お料理をする場が楽しい~!」

だったそうです。それがきっかけで、今のお料理教室のビジネスへとなったと言われています。

顧客を創造するためのイノベーションの取り組み。

これも知っているかどうかで、事業機会を見つける確率が変わる。
学んでいるか、学んでいないかで、大きな差になってくると言われています。

作成日時: 2015年6月23日 9:18 | | URL

« | BLOGトップページ | »