【Vol.48】 使命をどのように表現をしていくか

使命は、世の中を変え(より良くし)、自らが基準の設定者と
なりうるものでなければならない。

ピーター.F.ドラッカーは、そのように言っています。

自らが基準の設定者となり、まとめられている使命(ミッション)として、
とてもわかりやすい例が、スターバックスOur Starbucks Missionです。

以前は、

「自分たちはどうありたいか?」

という使命と6つの信条がありましたが、今は、

「顧客にどうあってほしいか?」

という使命と、

Our Coffee
Our Partners
Our Customers
Our Stores
Our Neighborhood
Our Shareholders

というように、自ら基準を設けて、使命(ミッション)をまとめられています。

http://www.starbucks.co.jp/company/mission.html

そして、

使命は簡潔、明瞭でなければならない。
最も犯しがちな過ちは、立派な意図をたくさん盛り込んで
使命としてしまうことである。

ドラッカーのマネジメントの基本と原則では、そのように言われています。

どれぐらいの簡潔さ、明瞭さがいいかと言うと、
Tシャツに書けるぐらいがいいと言われています。

そういう意味においては、組織の規模が大きくなればなるほど、
本社やホールディングスが掲げる使命は、やや抽象的で、
ぼんやりした表現になることがあるかもしれません。

使命の表現は、絵に描いた餅のように、飾りになってしまうのではなく、
それに基づいて現実に動けるものでなければなりません。

経営管理者として、リーダーがやらないといけないことは、
組織の使命(ミッション)と定められたことを、さらに部門へ、
そしてグループへと、個別に具体化をしていくことです。

事業の目的である使命(ミッション)に共感ができていると、
仕事の価値が高く感じられ、エネルギー、活力が生まれてきます。

そして、ドラッカーのマネジメントの基本と原則では、

そのミッションに動機付けられた人数によって成果が違ってくる。

そのように言われています。

「これ、おいしい仕事だな!」

と、経営者が言っていては、

「社長、本音は? ミッションは??」

となってしまうので、まずは、経営者が使命を自分のものにすること。
そこからスタートです。

作成日時: 2015年11月17日 11:29 | | URL

« | BLOGトップページ | »