【Vol.49】 使命をどのように組織に浸透させていけばよいか

使命が浸透している組織に共通する点は何かと考えた場合、
浸透させるための努力や工夫をしている企業は、
以下のような取り組みをおこなっています。

・組織のリーダーが朝礼や定例ミーティングで、使命について繰り返し話をする

・ポスターを作成し、社内で啓蒙活動をおこなう

・使命について書かれている手帳や冊子を全社員に配布をする

組織の使命が全社員まで浸透をしているかどうか、
その浸透の判断をする基準は何かと言うと、

使命が日常の会話に出てきているかどうか?

ピーター.F.ドラッカーは、そのように言っています。

ポイントは、

組織のリーダーである経営管理者が、使命について語っているかどうか?

日常の中で、リーダーである自分自身が、使命についてどれだけ話をしているか?

リーダーが意識してやってみるところからスタートをすること。

リーダーが自ら語っていくところから、自分のものにしていくこと。

ドラッカーのマネジメントの基本と原則では、そのように言われています。

では、使命についてどのように語っていけばよいのか?

以下のように、3つのステップで話すようにすると、
部下の方も、わかりやすいのではないかと思います。

1.会社の使命、部門の使命を話す

2.なぜそれらを使命とするようになったのか、背景について話す

3.会社と部門の使命を踏まえ、私たちがしている仕事の価値や重要性について話す

そして、もう1つ付け加えるならば、

使命をビジョン化(映像化)すること。

つまり、使命が達成されると何が起きるのか?

社会や顧客はどのようによくなるのか?

私たちはどのような状態になるのか?

使命について、そこまで語っていくことが組織のリーダーである
経営管理者の役割であり、腕の見せどころでもあります。

作成日時: 2015年11月24日 7:36 | | URL

« | BLOGトップページ | »