【Vol.58】 生産的に働くために

本当に自由な時間はどれだけありますか?

経営管理者になると、いろんな仕事に追われ、

「時間がない、時間がもっとあればな・・・」

と思うことが多々あるかもしれません。

特に、ミドルクラスのマネジメントに携わる方々にとっては、
プレイヤーを兼ねることもあるので、一番葛藤が多いとも
言われています。

私たちの役職が高くなればなるほど、効率よく、そして生産的に
仕事をすることが求められます。

細切れの時間は役に立たない、大きくまとまった時間が必要。

ドラッカーのマネジメントの基本と原則では、そのように言われています。

当然ではありますが、一時に一つのことを行うことによってのみ、
早く仕事ができます。

よって、私たち経営管理者は、最初から多少余裕が持てるよう、
時間を確保しておくことも大切です。

何のために時間を使っているのか?

タイムマネジメントは継続的に行いながら、年に1-2回は、
実際、何にどれぐらいの時間を費やしているのかを測り、
チェックをしてみることをお勧めいたします。

成果を上げるための成功の秘訣は「集中」すること。

ピーター.F.ドラッカーは、そのように言っています。

繰り返しになりますが、集中して、よい仕事を成し遂げるには、
ある程度まとまった時間(2時間ぐらい)が必要になります。

作成日時: 2016年2月9日 0:28 | | URL

« | BLOGトップページ | »