【Vol.61】 誰が事業を決定するのか

「われわれの事業は何か」を知るための第1歩は、
「顧客は誰か」という問いを発することである

ピーター.F.ドラッカーは、そのように言っています。

「すでに顧客がいるから、いいじゃないか」

「今さら考える必要はあるのか?」

「なぜ、今のお客様でいけないのか?」

そのように異論を唱えたくなる方もいらっしゃるかもしれません。

なぜ「顧客は誰か」という問いを発することが大切なのか?

それは、事業を決定するのは顧客であるからです。
顧客によって事業が定義されるからです。

あなたが顧客を選ぶのではない、顧客があなたを選ぶのである

ドラッカーのマネジメントの基本と原則では、そのように言われています。

私たちは、対象とする顧客から選ばれなければならない。
選ばれる状態、そういう状態にならないといけない。

ピーター.F.ドラッカーは、そのように言っています。

先日、ミサワホーム株式会社の竹中社長を訪問してきました。
(竹中平蔵さんのお兄さまです)

お話を踏まえ、竹中社長は経営者として、ご自身に向けて
どのような問いを発したのだろうと、想像をしてみました。
おそらく、このような問いだと思います。

10年後、この日本で何が起きているだろう?

10年後の社会は何を求めているだろうか?

今の顧客の声は?

それらを踏まえると、われわれの事業は何であるべきか?

これから先、3年後、5年後、10年後に向けて、何がなされるべきなのか?

少なくとも竹中社長は、このような問いを発せられたのだろうなと、
そのように思いました。短い面談時間ではありましたが、
学びはたくさんありました。

作成日時: 2016年3月1日 2:17 | | URL

« | BLOGトップページ | »