【Vol.62】 事業を決定するのは顧客である

「われわれの事業は何か」を知るための第1歩は、
「顧客は誰か」という問いを発することである。

そして、顧客によって事業が定義される。

前回はそのようなお話をさせて頂きました。

顧客によって事業が定義されるというのはどういうことか?

例えば、ハワイが大好きなAさんと、
インテリア好きなBさんがいたとします。

経営者の方は、顧客をハワイ好きなAさんにするのか、
インテリア好きのBさんにするのかで、提供するものが変わってきます。

Aさんを顧客にすると、ハワイからチョコレートやコーヒー、
飲料水、雑貨などを仕入れ、最新のハワイ情報とともに、
ハワイの食料品雑貨をAさんに提供するかもしれません。

もしBさんを顧客とした場合は、世界各地からユニークな
インテリア用品を仕入れ、Bさんに提供をしようとするかもしれません。

顧客は誰かを明確にすればするほど、何を提供すべきかが見える

ピーター.F.ドラッカーは、そのように言っています。

その時に大切なことは、

わが社の使命と顧客は一致しているか?

ということです。

製薬会社が化粧品会社を買収したが、うまくいかなかったという
失敗例があります。

製薬会社の役員幹部たちは、栄養失調の少女が薬局で、
なぜ口紅を購入するのか、わからなかったそうです。

薬や栄養剤を買うはず、買うべきなのになぜ口紅を買うのか、
その役員幹部たちは、最後まで理解できなかったそうです。

それは、製薬会社にとってのわが社の使命(事業)と
顧客が一致していなかったため、結果、化粧品会社を買収したものの、
化粧品事業をうまくやっていくことができなかった。
そういうことを意味しています。

作成日時: 2016年3月8日 3:19 | | URL

« | BLOGトップページ | »