【Vol.78】 ビジネスの閉塞感を乗り越える

「我々の製品やサービスにできることはこれである」ではなく、
「顧客が価値ありとし、必要とし、求めている満足はこれである」と言う

ドラッカーのマネジメントの基本と原則では、そのように言われています。

「顧客が価値ありとし、必要とし、求めている満足はこれである」と、
そのように言えますか?

この「顧客にとっての価値は何か?」

ドラッカー5つの質問の中でも、とても大きなテーマです。

例えば、AppleのiPhoneのように、
世の中にないものを創造することもあり、
それがイノベーションとなることがあります。

ダメなパターンは、顧客を決めて、その顧客にとっての
価値を考えないまま、商品・サービスにいってしまうことです。

顧客が求めている価値を真剣に考えていない。
そこには、聞かなくてもわかっているという思い込みがあり、

・どう売っていくのか?

・キャンペーンをやろう

・提案書を変えてみよう

そのようにやってしまいがちだピーター.F.ドラッカーは言っています。

顧客のまだ満たされていない欲求は何か?

その顧客にとっての価値から、われわれの使命は何か?

という原点に戻り、商品・サービスを創っていくこと。

そして、その「使命」「顧客」「価値」の3つが

きちんと整合されているかどうか?

つながっているかどうか?

その3つに一貫性があることが大切であり、
一貫性が取れてから、ドラッカー5つの質問
4番目の問いに取り組むことができる。

ドラッカーのマネジメントの基本と原則では、そのように言われています。

作成日時: 2016年6月28日 2:55 | | URL

« | BLOGトップページ | »