【Vol.95】 競争相手を認識する

本当の競争相手は誰なのか?

前回、そのような問いかけをいたしました。

直接の競争相手とみなしている製品やサービスが、
本当の競争相手ではないかもしれないと、
そのように感じられるようになった場合、
競争相手をどのように認識していけばいいのか?

顧客が求める「価値」を軸に競争相手を認識すること

ドラッカーのマネジメントの基本と原則では、そのように言われています。

顧客はどのような「価値」を買っているのか?

その問いに答えていくことにより、競合となりうるものや、
競合となる会社が、今までとは異なってくることが
わかってくるかもしれません。

顧客は何を価値あるものと考えているのか?

まだ満たされていない顧客の欲求は何か?

もう一度、皆さんに問いかけたいと思います。

顧客が求める「価値」を軸に、競争相手を考えた場合、
本当の競争相手は誰ですか?

わが社は、誰の競争相手にまだなっていないのか?

わが社の事業の一部と考えていないために、
わが社には見えていず、試みてもいない機会はどこにあるのか?

ピーター.F.ドラッカーは、そのように言っています。

作成日時: 2016年10月25日 4:14 | | URL

« | BLOGトップページ | »