【Vol.96】 Apple Payの役割とは?

市場にとっては、いかなる企業、いかなる製品・サービスも
ただ1つの選択肢に過ぎない。

わが社の製品・サービスの価値は、顧客の生活と仕事において、
いかなる役割を果たすか?

ピーター.F.ドラッカーは、そのように言っています。

例えば、携帯電話が普及するようになって、
腕時計がいらなくなったという人がいるように、
Apple Payの利用が広がり、スマートフォンで決済ができるようになると、

「Suicaもクレジットカードも、持ち歩かなくてよくなった」

「だから、お財布がいらなくなった。」

あるいは、

「お財布を持ち歩くことが少なくなった。」

そういう人が、今後さらに増えてくるかもしれません。

http://www.apple.com/jp/apple-pay/

Apple Payのサービスの価値は、顧客である私たちの生活と仕事において、
どのような役割を果たすか?

顧客である私たちにとって、その役割はどの程度重要か?

お財布メーカーのトップマネジメントチームの方は、
そのような問いかけをすることにより、
競合となりうる製品・サービスについて
考察を深めていくことができるかもしれません。

普通に考えると、お財布メーカーにとっての競合他社は、
お財布メーカーであるかもしれませんが、
前々回、ブログでも書きましたように、
ドラッカーのマネジメントの基本と原則では、次のように言われています。

直接の競争相手とみなしている製品やサービスが、
本当の競争相手であることは稀である。

そのように考えた場合、
今後、もしお財布の消費が鈍化した場合、

お財布メーカー VS Apple

まさに、このような構図が起きてきているのかもしれません。

作成日時: 2016年11月1日 1:55 | | URL

« | BLOGトップページ | »