【Vol.99】 ブラック企業のレッテルを貼られないようにするために ②

前回の続きになります。
ブラック企業のレッテルを貼られないようにするために、
経営者は何をするべきなのか?

今回は2点、お話をさせていただきます。

4. 人の強みを発揮させる

人の強みを発揮させ、弱みを無意味なものにし、
人が共同で成果をあげられるようにすること。

ドラッカーのマネジメントの基本と原則では、そのように言われています。

ばらばらに働くのではなく、AさんがBさんの弱みをカバーし、
BさんがAさんの弱みをカバーするというふうに、
一人ひとりの強みを伸ばし、弱みを見えなくして、
全員を貢献者にするということが大切です。

5. 最高に貢献できることを考える

まず、経営管理者の方々は、自分自身がさらに貢献をするために、
部下を育成し、権限委譲を進めていく必要があります。

そして部下の方には、現状の仕事に「挑戦できる仕事」をプラスワンで
加えてもらい、それをサポートし、「新たに貢献できること」
取り組んでもらうことにより、更なる成長を促します。

「本来、何をなすべきなのか?」

存在価値を高めるために、トップから新入社員まで、
本人一人ひとりが毎年、「最高に貢献できること」を
真剣に考えないといけません。

本人のモチベーションが高い状態をつくっていくこと。

ドラッカーのマネジメントの基本と原則では、そのように言われています。

作成日時: 2016年11月22日 5:13 | | URL

« | BLOGトップページ | »