【Vol.106】 なぜ売れない?売れない理由とは?!

不合理に見える顧客の行動は何か、顧客を観察しなければならない。

ピーター.F.ドラッカーは、そのように言っています。

「合理的に考えると、わが社の商品・サービスが売れて当然なんだけどなぁ・・・」

経営者なら、そのように思うことがあるかもしれません。

しかし現実は、ロジカルに説明をすれば、
商品・サービスが売れるというふうに、
そう単純にはいきません。

なぜ、その商品・サービスがいいのか?

なぜ、あなたから買うのか?

なぜ、今買わないといけないのか?

とにかく、理由、根拠を求める人もいれば、
そこには明確な理由や根拠がなく、

「ピンときたから」

というふうに、感性が研ぎ澄まされていて、
直感で購入を決める人もいます。

もちろん、論理的に説明を聞いたうえで、
購入の判断をする人もいるでしょう。

わが社の商品・サービスを必要としているけど、
何らかの制限があって、1歩踏み出せないという人も、
少なからずいると思います。

売り手側からすると、

「なぜ売れないのだろう?」
「理解できない、納得できないなぁ・・・」

と、そのように思うこともあるでしょう。

ドラッカーのマネジメントの基本と原則では、
もう少し顧客を観察するように言われています。

そのための問いとは、

顧客の現実でありながら、わが社に見えていないものは何か。

2017年も、まだ始まったばかりです。
2016年を振り返りながら、

・2017年、どのような1年にしたいのか?

・どうなりたいのか?

・どうありたいのか?

じっくり問いかけながら、大きなピクチャーを
描いていっていただければと思います。

作成日時: 2017年1月10日 7:25 | | URL

« | BLOGトップページ | »