【Vol.115】 ドラッカーに学ぶ働き方改革 ~長時間労働をどのように是正していくか ⑧~

知識労働者の生産性を高めるために、次に重要なことは、
関係者とのコミュニケーションです。

同僚とコミュニケーションを図り、
自分の仕事を理解してもらうことが大切になります。

・何に集中すべきか

・何を排除すべきか

・どのように排除すべきか

・成果が何であるべきか

やろうとしていること、やらないようにしていることを
関係者と話し合うこと。それをしなければ、
生産性を向上させるどころか、混乱を招いてしまう。

ピーター.F.ドラッカーは、そのように言っています。

ちなみに関係者とは、一緒に仕事をしている人、
頼っている人すべてを指します。

自分の仕事の理解をしてもらうことが、
仕事を円滑に進めるために大切であること。

皆さんも痛感しているのではないでしょうか。

作成日時: 2017年3月14日 14:18 | | URL

« | BLOGトップページ | »