【Vol.116】 ドラッカーに学ぶ働き方改革 ~長時間労働をどのように是正していくか ⑨~

知識労働者の生産性を高めるために、次に考えないといけないことは
知識労働者が生産性を高められるよう、2つの条件を整えることです。

1つ目の条件は、知識労働者の自主性と責任です。

知識労働者には、自分の仕事は何かを考えさせ、
達成すべき成果を考えさせることが必要である。

ドラッカーのマネジメントの基本と原則では、そのように言われています。

なぜなら、知識労働者は自主的でなければならないからです。

例えば、同じ分野で仕事をしていても、個人の持つ知識は
一人ひとり異なり、すべての知識労働者は、
その人なりの独自の知識体系や考え方をもっています。

よって、相手を受け入れ、尊重し、自ら考えてもらい、
自主的に働いてもらうということは、本人のモチベーションにもつながり、
生産性を向上するうえでは、とても重要な要素であります。

また知識労働者は、自分の専門分野に、誰よりも精通していなければなりません。
なぜなら、その分野の知識を持っていることで報酬を得ているからです。

従って、何が自分の仕事かを定義したら、知識労働者は自分のやり方で
仕事を進め、結果に責任を持たなくてはなりません。
それが、「自主性と責任」ということです。

知識労働者は、

・何に集中すべきか

・どんな成果を上げるべきか

・自分は何に責任を負っているのか

・期限はいつまでか

そういったことを、よく考えないといけません。

知識労働には、自主性と責任、両方が必要である。

ピーター.F.ドラッカーは、そのように言っています。

受動的で、やらされる感が多い組織において、そこで働く皆さんは
どのような気持ちで働いているか、想像ができますか?

そのような組織の生産性は高いでしょうか、低いでしょうか?

作成日時: 2017年3月21日 16:05 | | URL

« | BLOGトップページ | »