【Vol.136】 ドラッカーに学ぶ働き方改革 ~経営者にとっての働き方改革推進とは? ⑯~

あなたは何をもって人に憶えられたいですか?

今回は、個人のミッション(使命)のお話です。

自分は何をもって人に憶えられたいか?

人生をかけて、何を成し遂げたいか?

憶えられるほどの仕事をして、成果を出すこと。

ピーター.F.ドラッカーは、そのように言っています。

私たち、一人ひとりには、この世に生まれてきた使命(ミッション)、
役割があります。

よって、

どこに属するべきか?

どこに属さないべきか?

私たち、一人ひとりが責任をもって考えないといけません。

そして経営者は、

一人ひとりの強みを活かしていくことにより、
組織としての強みの基盤を整え、
その強みを積み重ねていきながら
卓越性を追求していくこと。

そのようにして、社員/スタッフの皆さんに、

「最高に貢献する」前回記述)

ということを考えてもらい、組織の生産性を高めていくのです。

ちなみに、経営者によって、会社(組織)のミッションと、
個人のミッションが同じ方もいれば、
それぞれ、異なる方もいるかもしれません。

作成日時: 2017年8月8日 11:54 | | URL

« | BLOGトップページ | »