【Vol.180】 ドラッカーに学ぶ リーダーシップ ~一流のリーダーに共通する働き方~

ドラッカー氏は、50年間にわたるコンサルティングの仕事を通じて、
一流のリーダーに共通することは何かを調べたそうです。
その結果、わかったことは、個性において、
一流のリーダーに共通するものはなかったが、ワークスタイル、
つまり、リーダーの働き方には共通することがあったと言います。

では、一流のリーダーに共通するワークスタイルとは何か?

組織の使命と成果を考え抜き、それを明確、
かつ目に見える形で定義し、確立すること。

経営者は、組織の使命を考えないといけません。
そして、全ての経営管理者は、組織の使命や理念を踏まえ、
我が部門の使命を考えないといけません。

そして、それを明確、かつ目に見える形で定義をし、確立すること。
社内に浸透させ、社外にも発信していくことが大切です。

自分たちがどんな想いでこの事業をおこなっているのか?

誰のために、何のためにこの仕事をしているのか?

私たちのしている仕事の重要さと、その価値を、
働いている人たちに理解してもらい、
自分たちの使命、ミッションを自分のものにしてもらう。
そこまで浸透させ、確立をするということです。

そして、組織の使命、部門の使命を果たせているかどうか、
その成果をどのように測っていくか?

私たち経営者は、その成果を問われます。

売上/利益目標が達成しているからと言って、
使命を果たせているかどうか、使命が実現できているかどうかは、
必ずしも、イコールにはなりません。

使命を果たせているかどうか、それをどのように測りますか?

組織の使命と成果を考え抜き、それを明確、
かつ目に見える形で定義し、確立すること。

これが、一流のリーダーに共通するワークスタイル、
第1番目の基本と原則になります。

作成日時: 2018年6月12日 4:50 | | URL

« | BLOGトップページ |