【Vol.52】 われわれの事業は何か ②

前回、2つ目の問いにいく前に、10の問いがあることを
お話させていただきました。

http://www.skylinecoaching.co.jp/blog/700

ドラッカーのマネジメントの基本と原則において、
それらの質問は、以下の4つの観点から経営環境の変化を確認し、
事業を見つめ直すことを意味しています。

・市場の潜在的な可能性と趨勢

※ 趨勢:物事がこれから先どうなっていくかという様子、成りいき

・経済の発展、流行や好みの変化、競争の変動による市場の変化

・イノベーションの可能性

・今日のサービスや製品によって満足させられていない顧客の欲求

そして、前回の全ての問いを踏まえ、2つ目の問いが以下の問いになります。

われわれの事業は何になるか

この問いは、現在の事業を修正し、拡張し、発展させるための問いです。

そして、最後3つ目の問いが、次の問いになります。

われわれの事業は何であるべきか

この問いは、われわれは何をこれからの事業とするべきか
将来を見据えたうえで、わが社の事業を考えるための問いです。

現在の事業を全く別の事業に変えることによって、新しい機会を開拓し、
新しい事業を創造することができるかもしれません。

われわれは正しい事業にいるのか?

われわれの事業を変えるべきか?

いかなる企業、産業といえども、

「われわれの事業は何であるべきか」

との問いを発しなければ、重大な機会を失うことになる。

ピーター.F.ドラッカーは、そのように言っています。

作成日時: 2015年12月15日 7:30 | | URL

« | BLOGトップページ | »