【Vol.81】 冨山和彦氏の講演とドラッカー ②

前回に引き続き、冨山氏のお話とドラッカーのマネジメントの基本と原則です。

2つ目は、冨山氏のお話にありました中小・中堅企業における新陳代謝や、
知恵が求められているというお話です。

ドラッカーのマネジメントの基本と原則に当てはめると、
「イノベーションで成功するには」というテーマです。

現代は乱気流の時代、変化が常態の事態に入った。
変革の時代、変化をマネジメントする最善の方法は、
自ら変化を作り出すことである。
乱気流時代には、イノベーション能力が決定的に重要となる。

ドラッカーのマネジメントの基本と原則では、そのように言われています。

イノベーションとは何か?

イノベーションとは、昨日の世界と縁を切り、明日を創造すること。

ピーター.F.ドラッカーは、そのように言っています。

どういうことかと言うと、常識を変えていくこと。

「今までは、このようにしてきたということを正としない」ことです。

そしてドラッカーは、続けて次のように述べています。

イノベーションとは、より優れた、より経済的な財やサービスを
創造することである。

イノベーションは、変化を機会として利用するための手段である。

イノベーションは、変化を機会として利用するための手段なので、

すでに起こっている変化、それを私たちは認識できるかどうか?

変化を見つける力が求められています。

変化が大きく起こっているということは、見方を変えると、
チャンスが増えているということでもあります。

イノベーション能力が問われる変化の時代を楽しむこと。
楽しい世界であり、貢献できるチャンスが増えてきている。

ピーター.F.ドラッカーは、そのように言っています。

作成日時: 2016年7月19日 11:14 | | URL

« | BLOGトップページ | »